お子さんのムーブメント教室参観をめぐってきました

各週火曜日に幼児が伺う幼稚園で作用講義があるのですが、両親参観があるので行ってきました。
学年が上がる前に、1時頑張った躾振りを両親に見て貰うのが目的のようです。

両親の集合時間に間にあうように設定を通して子供のお子さんという持ち家を出て、徒歩で幼稚園に行きます。
幼稚園には集合時間によって少なくついてしまいましたが、たまにという両親が来ていました。
園舎に入り、体育館に行くみたい事前に指示があったので、体育館に入ると壁際に椅子が用意されているので座って待っていたら続々と両親がやってきました。

体育のインストラクターが両親向けに何気なく評価をしてから園児が体育館に入場決める。
幼児のバリエーションって他のバリエーションの園児たちがやってきましたが、他のバリエーションの参観はいまや行っていたようで、今回は幼児のクラスだけの参観でした。
幼児のバリエーションの園児たちは自分の両親の顔を必死になって見つけ出し、無事にみつかるといったホッとした状況で誇らしげに行進して設定の位置につきました。
インストラクターの教えで走ったり鉄棒の下をくぐったり、逆上向きをしたり、跳び箱を飛んだりという幼稚園児にはまずまず複雑で難しいだろうと映る実践をしました。
わが幼児はうまくできませんでしたが、できないなりにも頑張っている状況が見られました。

次回の作用講義参観は1時直後ですが、現在によって多少なりとも躾できたらいいなと思います。

シースリ― 津田沼